自賠責保険の特徴とは

自賠責は、被害者への損害賠償を目的としています。

 
自動車やバイクを購入した人に加入義務があり、どこで契約しようが補償内容などは一律です。もしも加入していない場合は公道を走ることができません。また、車検を通すこともできません。未加入のまま公道を走れば1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金、及び違反点数6点で一発で免許停止処分になります。

赤かぶ02
購入時に加入しておけば自動車の場合は車検の時に更新してもらうことができるので自分で管理する必要はありませんが、バイクには車検がないため自分で更新手続きを行っていかなくてはならないでしょう。そのため更新をし忘れてしまう人もいるので注意が必要です。

 
補償内容は対人賠償のみとなっており、自動車事故により相手が怪我、後遺症、死亡した場合に本人及び遺族へ損害賠償が行われます。賠償額は怪我の場合で最大120万円、後遺症の場合で最大4000万円、死亡の場合で最大3000万円が支払われることになりますが、自賠責で補える範囲を超えた損害賠償に関しては自己負担もしくは任意保険に加入して補填することになるでしょう。

 
通常は加害者が手続きをして賠償金を被害者に支払うのですが、自賠責は被害者が自ら請求手続きをして賠償金を受け取ることもできるのが特徴です。

 

コメントは受け付けていません。