自賠責保険の証明書を携帯していなかった場合の罰則

車を所有している方、あるいは運転免許を持っている方なら、誰でも当然のように知識として持たれているのが、一般道を走る車は必ず自賠責保険、正式名自動車損害賠償責任保険、別名強制保険に加入していなければならないということでしょう。

 
これは、教習所での学科ではかなり早い段階での履修にも含まれている内容です。

 
ただ、この保険を加入していなければ車検は通りません。
もしも通ったとしたならば、それは偽装か陸運局のうっかり怠慢管理でしょう。
車検証発行時にこの更新された保険証が必要だからです。

 
そして、教習所の学科履修でも運転時は運転免許証、車検証、それに自賠責保険証を必ず持っていなければならないと教わるはずです。
これらの証明書を常時携帯しなければならないことは、道路運送車両法第66条で定められており、しない場合は50万円以下の罰金となります。
ただし、運転免許証を携帯していない場合と大きく異なるのは、自賠責保険証の場合には道路交通法上の刑罰、つまり免許の減点はありません。
そのため、運転免許証と違い、通常は目的もないのに警察から提示要求されることは稀です。

 
盗難車かどうかが目的でも、提示要求は車検証までにとどまります。

 
ただし、事故を起こしての現場検証時には提示を求めらることがあります。
大抵の場合、車検証とともに、ダッシュボードなどにしまっておく場合が多いため、とかく注意したいのは、警察署で車検証を提示要求されそれを置き忘れてしまった、あるいは任意保険加入時に車検証の内容を確認するのに引っ張り出して、ダッシュボードに戻し忘れたというのが最も多いので注意しましょう。
野菜と女性

コメントは受け付けていません。