自賠責保険では加害者に保険金を請求可能

法律によって運行の用に供する車両のすべてに加入が義務付けられている自賠責保険は、交通事故の被害者救済のために最低限度の補償を行うことを趣旨とするものですので、その制度上、加害者、被害者いずれの側からも、事故にともなう保険金の請求が可能となっています。

 
被害者から支払い手続きを行うことを「被害者請求」と呼んでおり、事前に相手方の自賠責保険会社名と証明書番号の確認が取れている場合には、被害者が直接、その保険会社とやり取りをすることが可能です。この手続きにおいては、あらかじめ事故の損害賠償に関する示談が成立している必要まではありませんが、支払われた保険金は、すべて相手方が賠償したものとみなされます。また、相手方からすでにいくらか金額の損害賠償を受けている場合には、その部分を差し引いた金額のみが、被害者に対して支払われることになります。

 
なお、相手方から損害賠償を受けていない場合であって、当座の費用が必要となったときには、保険会社から仮渡金を受け取ることもできます。ただし、仮渡金にはけがなどの状態に応じた上限額が決められており、死亡事故であれば290万円が限度、傷害事故であれば40万円が限度となります。朝食と女性

コメントは受け付けていません。