未加入の場合の罰則内容

自賠責保険、正式名自動車賠償損害責任保険、通称強制保険は、公道を走るすべての車の所有者に対して加入が義務付けられている保険です。
同時に車検証のない車、車検証が有効でない車も公道は走れません。

 
双方を管理する旧運輸省では、車検証の更新時、自賠責保険証が更新された車でなければ、車検証を発行しませんので、車検の付いた車でこの保険に加入していない車はありえないというのが原則です。

 
車検を自分でされたことがある方ならご存知でしょうが、車両検査を受ける前に自賠責保険料を支払い、その領収書兼保険証とともに検査を受ける申込みをします。

 

野菜06
また、中古車など他人名義の車を購入した場合、名義変更するときや新たなナンバープレートを発行する際にも、陸運局では自賠責保険に加入しているかどうかをチェックします。

 
ディーラーや販売店での購入ではこうした名義変更は業者がすべて行いますので、ユーザーとしてすべきことは納車時にこれら書類がそろっているかどうかだけでしょう。

 
ただ、個人間での売買で名義変更しない場合が要注意です。
誰かから車を買ったあるいは貰ったけど車検証が付いていなかった、つまりは保険証が付いていなかったという場合です。
つまりは車検証と自賠責保険証はセットとして考えていてもよいでしょう。

 
ちなみに道路運送法では、自賠責保険未加入の場合、つまりは車検証がないのと同じですが、この場合、50万円以下の罰金又は懲役1年以内という刑事罰を定めています。

 
同時に道路交通法違反となり、免許の点数はマイナス6点です。
つまりはこの違反だけで運転免許停止処分となります。

 

コメントは受け付けていません。