自賠責保険の注意点

自賠責保険は、すべての車両について加入することが義務付けられている強制保険ですが、ドライバーの負担を最小限にとどめた上で、被害者に対する補償の最低限を維持するというコンセプトのもとになりたつ制度であるため、いくつか注意しなければならない点が存在します。

 
例えば、自賠責保険は死亡、後遺障害、傷害といった人身に対する被害については補償の対象となっていますが、車両の損傷などの物的被害については、被害者の生活に直接的な影響をおよぼすものではないため、補償の対象外となっています。このような被害については任意で車両保険などを契約しておくしかありません。

野菜02
また、任意保険の場合に比べると、支払限度額もかなり低く抑えられています。死亡の場合については1人あたり3,000万円、後遺障害の場合は被害のレベルに応じて75万円から4,000万円となっており、こうした重大事故については相応の保険金が支払われますが、完治するけがの場合には、最高であっても120万円しか支払われません。このようなけがについては、入院時の慰謝料などの1日あたりの単価も厳格に一律で定められているため、被害の状況を訴えても自賠責保険の枠組みのなかでは保険金の増額は認められないことになります。

コメントは受け付けていません。