‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

250cc以下のバイクの証明方法

2014/07/03

卵自賠責保険は「自動車損害賠償保障法」という法律によって、自動車やバイクなどのすべてに加入が義務付けられている保険であり、事故が起こった際に被害者に対して最低限度の補償ができるように、法律による制度化が図られたものです。

 
この自賠責保険に加入すると、保険契約者の住所、氏名などが記載された「自動車損害賠償責任保険証明書」という書面が保険会社から交付され、この書面を備え付けていない車両は運行することができないことになっています。

 
特に、250cc以下の小型バイクや原付については、自賠責保険に加入していることを証明する方法として、保険会社から交付された「保険標章」という小さなステッカーを指定位置に貼り付けることが義務付けられています。この指定位置は、前面ガラスがある場合にはその側面の前方から見やすい位置となりますが、ない場合にはナンバープレートに貼り付けることとなっています。ステッカーは有効期間の最終年月が色で識別されるようになっていることから、保険期間切れもひと目でわかるようになっており、貼付しない場合には公道を運行することができないと規定されています。もし違反した場合には、法律の罰則規定により、30万円以下の罰金に処せられることがあります。

自賠責保険の証明書を携帯していなかった場合の罰則

2014/07/03

車を所有している方、あるいは運転免許を持っている方なら、誰でも当然のように知識として持たれているのが、一般道を走る車は必ず自賠責保険、正式名自動車損害賠償責任保険、別名強制保険に加入していなければならないということでしょう。

 
これは、教習所での学科ではかなり早い段階での履修にも含まれている内容です。

 
ただ、この保険を加入していなければ車検は通りません。
もしも通ったとしたならば、それは偽装か陸運局のうっかり怠慢管理でしょう。
車検証発行時にこの更新された保険証が必要だからです。

 
そして、教習所の学科履修でも運転時は運転免許証、車検証、それに自賠責保険証を必ず持っていなければならないと教わるはずです。
これらの証明書を常時携帯しなければならないことは、道路運送車両法第66条で定められており、しない場合は50万円以下の罰金となります。
ただし、運転免許証を携帯していない場合と大きく異なるのは、自賠責保険証の場合には道路交通法上の刑罰、つまり免許の減点はありません。
そのため、運転免許証と違い、通常は目的もないのに警察から提示要求されることは稀です。

 
盗難車かどうかが目的でも、提示要求は車検証までにとどまります。

 
ただし、事故を起こしての現場検証時には提示を求めらることがあります。
大抵の場合、車検証とともに、ダッシュボードなどにしまっておく場合が多いため、とかく注意したいのは、警察署で車検証を提示要求されそれを置き忘れてしまった、あるいは任意保険加入時に車検証の内容を確認するのに引っ張り出して、ダッシュボードに戻し忘れたというのが最も多いので注意しましょう。
野菜と女性

未加入の場合の罰則内容

2014/07/03

自賠責保険、正式名自動車賠償損害責任保険、通称強制保険は、公道を走るすべての車の所有者に対して加入が義務付けられている保険です。
同時に車検証のない車、車検証が有効でない車も公道は走れません。

 
双方を管理する旧運輸省では、車検証の更新時、自賠責保険証が更新された車でなければ、車検証を発行しませんので、車検の付いた車でこの保険に加入していない車はありえないというのが原則です。

 
車検を自分でされたことがある方ならご存知でしょうが、車両検査を受ける前に自賠責保険料を支払い、その領収書兼保険証とともに検査を受ける申込みをします。

 

野菜06
また、中古車など他人名義の車を購入した場合、名義変更するときや新たなナンバープレートを発行する際にも、陸運局では自賠責保険に加入しているかどうかをチェックします。

 
ディーラーや販売店での購入ではこうした名義変更は業者がすべて行いますので、ユーザーとしてすべきことは納車時にこれら書類がそろっているかどうかだけでしょう。

 
ただ、個人間での売買で名義変更しない場合が要注意です。
誰かから車を買ったあるいは貰ったけど車検証が付いていなかった、つまりは保険証が付いていなかったという場合です。
つまりは車検証と自賠責保険証はセットとして考えていてもよいでしょう。

 
ちなみに道路運送法では、自賠責保険未加入の場合、つまりは車検証がないのと同じですが、この場合、50万円以下の罰金又は懲役1年以内という刑事罰を定めています。

 
同時に道路交通法違反となり、免許の点数はマイナス6点です。
つまりはこの違反だけで運転免許停止処分となります。

 

未加入の場合罰則もある

2014/07/03

車を所有している人は必ず加入しなければならない自賠責保険。もし未加入だったり、有効期限が切れてしまっている場合は罰則を科せられることになります。これは自賠責保険が無い状態で交通事故を起こした場合、被害者は適切な賠償を受けられない可能性があるうえ、加害者にも人生を棒に振るような重い負担がのしかかることから、厳しいペナルティを与えることで自賠責保険への加入を促しているのです。

野菜05
自賠責保険に入っていなかったり、有効期限が過ぎてしまっている場合は、50万円以下の罰金、または1年以下の懲役になる可能性があります。さらに違反点数が6点加算されますので、これだけで免許停止処分という重いペナルティを受けることになるのです。また自賠責保険の証書は車内に置いておくことが義務付けられています。もし車内に置いていないことが発覚すれば、これについても30万円以下の罰金が科せられることになるのです。

 
このように自賠責保険については厳しい罰則が定められていますが、基本的に車検時には自賠責保険の契約を更新することが一般的ですし、そもそも自賠責保険に加入していなければ車検そのものを受けられなくなるので、通常であれば加入漏れの心配はありません。ただ250cc以下のバイクや原付などは車検を受ける必要が無いので、自賠責保険の期限切れには注意が必要です。

自賠責保険の注意点

2014/07/03

自賠責保険は、すべての車両について加入することが義務付けられている強制保険ですが、ドライバーの負担を最小限にとどめた上で、被害者に対する補償の最低限を維持するというコンセプトのもとになりたつ制度であるため、いくつか注意しなければならない点が存在します。

 
例えば、自賠責保険は死亡、後遺障害、傷害といった人身に対する被害については補償の対象となっていますが、車両の損傷などの物的被害については、被害者の生活に直接的な影響をおよぼすものではないため、補償の対象外となっています。このような被害については任意で車両保険などを契約しておくしかありません。

野菜02
また、任意保険の場合に比べると、支払限度額もかなり低く抑えられています。死亡の場合については1人あたり3,000万円、後遺障害の場合は被害のレベルに応じて75万円から4,000万円となっており、こうした重大事故については相応の保険金が支払われますが、完治するけがの場合には、最高であっても120万円しか支払われません。このようなけがについては、入院時の慰謝料などの1日あたりの単価も厳格に一律で定められているため、被害の状況を訴えても自賠責保険の枠組みのなかでは保険金の増額は認められないことになります。

自賠責保険では仮渡金を請求可能

2014/07/03

野菜01法律によってすべての車両に加入義務がある自賠責保険では、事故の加害者、被害者の両方から保険金の支払い手続きをすることが可能となっています。

 
このうち、被害者側から手続きをすることを「被害者請求」といい、加害者側には認められていない「仮渡金」という特別な制度を利用することができます。
そもそも自動車保険の保険金は、被害者のけがが完治するなどして損害の額が確定してから支払われるのが通常ですが、けがの治療が長期化しているような場合には、保険金が支払われない間、当面の治療費に充てるための出費がかさんで資金繰りに窮してしまうことにもなりかねません。このような場合、損害額が確定する前であっても、当座の出費のために被害者側から自賠責保険の保険金を請求することができます。

 
ただし、その金額には上限が設けられており、死亡事故の場合は、葬儀費などの出費にあてるための290万円が限度となります。傷害事故の場合には、治療を要する程度によって上限額がいくつかに区分されています。例えば、治療11日以上を要する場合は5万円が限度であり、入院14日以上かつ治療30日以上を要する場合、または大腿・下腿の骨折などの傷害の場合には、最高額である40万円が限度となります。

自賠責保険では加害者に保険金を請求可能

2014/07/03

法律によって運行の用に供する車両のすべてに加入が義務付けられている自賠責保険は、交通事故の被害者救済のために最低限度の補償を行うことを趣旨とするものですので、その制度上、加害者、被害者いずれの側からも、事故にともなう保険金の請求が可能となっています。

 
被害者から支払い手続きを行うことを「被害者請求」と呼んでおり、事前に相手方の自賠責保険会社名と証明書番号の確認が取れている場合には、被害者が直接、その保険会社とやり取りをすることが可能です。この手続きにおいては、あらかじめ事故の損害賠償に関する示談が成立している必要まではありませんが、支払われた保険金は、すべて相手方が賠償したものとみなされます。また、相手方からすでにいくらか金額の損害賠償を受けている場合には、その部分を差し引いた金額のみが、被害者に対して支払われることになります。

 
なお、相手方から損害賠償を受けていない場合であって、当座の費用が必要となったときには、保険会社から仮渡金を受け取ることもできます。ただし、仮渡金にはけがなどの状態に応じた上限額が決められており、死亡事故であれば290万円が限度、傷害事故であれば40万円が限度となります。朝食と女性

自賠責保険のメリットは人をケガさせた時の安心

2014/07/03

対人賠償保険とは、自動車事故で、歩行者や相手の自動車の搭乗者、自分の自動車の同乗者などを死傷させた際、その損害を補償する保険の事です。
法律上の損害賠償責任を負担した場合に、加入が義務づけられている自賠責保険では支払い額に限度があり、大きな交通事故を起こした場合にはそれ以上の額の賠償が発生する場合があります。

赤トウガラシ
その為、自賠責保険でカバー出来ない部分に対して、保険金が支払われ、その対象範囲は、治療費や慰謝料、休業損害、後遺障害による給付金・逸失利益に及びます。

 
ただし、損害賠償額が自賠責保険の保険金額内で収まる場合は、自賠責保険からその全額が支払われ、任意保険である自動車保険からは支払われません。

 
対人の対象は、他人であり、被保険者とその家族(配偶者、子供)、記名被保険者の同居の親族、被保険者の了承のもと、被保険者の車を使用した友人と助手席にのっていた被保険者 、被保険者が家族をはねてしまった場合等には補償の対象とならない為、対人の意味をしっかりと把握する事が大事です。

 
また、実際自動車事故において、他人である被害者が1名のみであるとは限らない事から、自動車保険加入のほとんどの人が無制限で契約しています。
自分の為にも、万が一事故を起こした時の為にも、加入を検討する必要がある補償内容の1つです。

自賠責保険の特徴とは

2014/06/20

自賠責は、被害者への損害賠償を目的としています。

 
自動車やバイクを購入した人に加入義務があり、どこで契約しようが補償内容などは一律です。もしも加入していない場合は公道を走ることができません。また、車検を通すこともできません。未加入のまま公道を走れば1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金、及び違反点数6点で一発で免許停止処分になります。

赤かぶ02
購入時に加入しておけば自動車の場合は車検の時に更新してもらうことができるので自分で管理する必要はありませんが、バイクには車検がないため自分で更新手続きを行っていかなくてはならないでしょう。そのため更新をし忘れてしまう人もいるので注意が必要です。

 
補償内容は対人賠償のみとなっており、自動車事故により相手が怪我、後遺症、死亡した場合に本人及び遺族へ損害賠償が行われます。賠償額は怪我の場合で最大120万円、後遺症の場合で最大4000万円、死亡の場合で最大3000万円が支払われることになりますが、自賠責で補える範囲を超えた損害賠償に関しては自己負担もしくは任意保険に加入して補填することになるでしょう。

 
通常は加害者が手続きをして賠償金を被害者に支払うのですが、自賠責は被害者が自ら請求手続きをして賠償金を受け取ることもできるのが特徴です。