自賠責保険のメリットは人をケガさせた時の安心

対人賠償保険とは、自動車事故で、歩行者や相手の自動車の搭乗者、自分の自動車の同乗者などを死傷させた際、その損害を補償する保険の事です。
法律上の損害賠償責任を負担した場合に、加入が義務づけられている自賠責保険では支払い額に限度があり、大きな交通事故を起こした場合にはそれ以上の額の賠償が発生する場合があります。

赤トウガラシ
その為、自賠責保険でカバー出来ない部分に対して、保険金が支払われ、その対象範囲は、治療費や慰謝料、休業損害、後遺障害による給付金・逸失利益に及びます。

 
ただし、損害賠償額が自賠責保険の保険金額内で収まる場合は、自賠責保険からその全額が支払われ、任意保険である自動車保険からは支払われません。

 
対人の対象は、他人であり、被保険者とその家族(配偶者、子供)、記名被保険者の同居の親族、被保険者の了承のもと、被保険者の車を使用した友人と助手席にのっていた被保険者 、被保険者が家族をはねてしまった場合等には補償の対象とならない為、対人の意味をしっかりと把握する事が大事です。

 
また、実際自動車事故において、他人である被害者が1名のみであるとは限らない事から、自動車保険加入のほとんどの人が無制限で契約しています。
自分の為にも、万が一事故を起こした時の為にも、加入を検討する必要がある補償内容の1つです。

コメントは受け付けていません。